シミ対策は食事とシミサプリメントの服用がデフォルト!

シミそばかす、ホクロやしわなど、女性にとってはゾッとする単語ですよね。

その中でもシミやそばかすは、気づけば増えていき、

化粧をしても、薄っすら見えているのでないか?と不安になると思います。

今回はシミ対策に有効な方法を実際の体験談を踏まえて紹介していきます。

結論からいうとシミやシワはシミサプリメントを飲んで対策をするのが一番です。

参考にしてみてください!

シミサプリとシミ対策の関係と5つのポイント

私がシミに悩みだしたのは高校生の時でした。

高校生になり、近くの人に影響されて自分の容姿を気にするようになりました。

中学生のときに軟式テニスをしていたので、体系は気になりませんでしたが顔や体にはソバカスが沢山ありました。

最初は化粧で見えないようにすればいいと思っていましたが、化粧ができない日もあり悩みました。

その結果、シミそばかすを消して、これ以上出来ない体質になりたいと思い、ネットや本で調べることにしました。

調べてみて分かったことは、シミそばかすは遺伝もありますが、紫外線が大きな原因ということです。

私は軟式テニスをしていた時に、日焼け止めクリームを塗っていませんでした。

シミそばかすも顔が一番多く、次に首や肩が多いので、原因は日焼け対策をしないでテニスに熱中していたことだと思いました。

「出来たものはしょうがない」と諦めて何もしないなんて嫌でしたが、

当時の私は、レーザー以外のシミを消す方法を見つけることはできませんでした。

なので、これ以上増やさない、出来ない体質になろうと努力をすることにしました。

夏は日焼け止めクリームをこまめに塗り直し、冬も寒くても紫外線は出ているので塗りなおす頻度は減りましたが塗っていました。

四季関係なく日焼け止めを塗って、化粧品もUVカットのものを使うようになりました。

シミそばかすが目立ちやすくなるのは、秋だそうです。

その理由は、夏に紫外線を浴び、ターンオーバーによってメラニン色素が肌表面にまで押し上げられてしまうからです。

これ以上シミそばかすを増やしたくないので、この時期が一番気になり、ケアも徹底的にします。

夏にこまめに日焼け止めを塗っても目から紫外線は入ってきています。

その紫外線がメラニン色素になり、肌に出てくるのは10月頃だと思うので9月頃から、

ビタミン誘導体とポイント美容液を塗る回数を増やし、食事でビタミンを撮れるように注意しています。

シミサプリメントは非常に効果が高く推奨されています。

涼しくなってくると乾燥で肌のキメが崩れてシミそばかすが見えやすくなるので、保湿を重視しています。

出産後、肌が荒れてシミそばかすが増えてしまいましたが、

今でもこまめにケアをしているためか、濃くなったり増えはしていません。

育児が落ち着いたら、シミを薄くして消していこうと思います。

毎日の健康的な生活にも繋がる。肌ケア対策について

現在、40代の女性です。

若い頃にすっぴんのまま紫外線を浴びていたおかげで、いつのまにかシミが出来ています。

ケアをしておけば良かったと、今になってひしひしと感じる今日この頃です。

現在ある私のしみは、目じりにある黒っぽいもので、年々増えています。

もう出来てしまったものは、仕方ありませんので、少しでも目立たなくなるよう、化粧で隠すまた、これ以上増えないよう紫外線には気を付けるのみです。

最近話題になっているしみ対策の化粧品で、しみを薄くする成分が配合された化粧品があり、注目されています。

紫外線によって出来てしまったしみは、メラニンがしみ内にあるためですので、それを排出する成分、例えば、ビタミンC誘導体入りやハイドロキノンなどが含まれた基礎化粧品を使うことで、しみを目立たなくさせる場合がありますの
で、これらが含まれた化粧品を利用しようと考えています。

また、肌の新陳代謝も活発にしなければなりませんので、併せてシミサプリメントによるケアが必要です。

その新陳代謝に効果のある食べ物がたくさんあり、食生活が乱れている方には、見直しのきっかけになるかもしれません。
食事なら良いのですが、病院での治療となるとまた注意が必要です。

シミ対策と称し、高額な医療費を請求する事例も報告されています。国民生活センターのホームページでは下記のように注意転記されています。

折込チラシを見て目の下のシワやたるみを取りたいと思い、無料カウンセリングを申し込んだ。カウンセリングなのに診断をされて契約しなければならない状況になり、120万円で即日施術してしまったが、シワもたるみもそのままで納得できない。返金してほしい。

美容外科の折込チラシを見てほうれい線の相談をしたところ、約400万円の注射を勧められた。高額だと思ったが、「15年間効果があるので1年換算なら安い」と言われ、施術を受けた。何を注射されたのか分からず不安であり、高額すぎるので返金してほしい。
出典元:美容医療サービスの注意点|国民生活センター

このようなトラブルも多く、私たち消費者の注意した行動が非常に重要になるのです。

話をもどしましょう。野菜はその優秀な食材となります。

まず代表として挙げられるのは、ビタミンCが含まれた食材です。

キウイフルーツはその最たる食材であり、みかんなどの柑橘類、いちご、果物では、さつまいもやブロッコリーにも多く含まれます。

シミサプリメントにも含まれていますが、食事からもとることができます。

ビタミンCには、メラニン色素生成を抑制させる効果がありますので、とても重要です。

その他、肌の修復や新陳代謝を促進させるビタミンAを含む食材として、緑黄色野菜や豚肉、鶏肉などが挙げられます。

このように、野菜や果物等をしっかり丁寧に摂取することで、効果が発揮されることと思います。

ビタミンEでは、抗酸化作用や血行促進作用があります。

おもに含まれる食材として、大豆やナッツ類などが挙げられます。

このように、しみをケアする方法を見て来ると、毎日の生活が健康的であるかどうかが大切であることが分かります。

食生活に加えて、睡眠時間の確保やストレスの軽減、イキイキした活力ある生活が見た目にも表れます。

しみをケアすることで、健康的な生活を送ることにも繋がりますので、まさに一石二鳥です。

肌ケアプラス健康的な生活の見直しをおすすめしたいところです。

また、しわについては、まだそれほど気になるほどには出来てはいません。

しかし、しわの原因である加齢による肌のたるみ対策は重要であると考えています。

ですので、顔の筋肉量を維持するべく意識をしています。

あいうえお体操は、私が行っている一つの対策方法で、口元を運動させることで顔全体の筋肉をほぐし、筋肉維持効果があります。

「あ」は、大きく口を開けて、「い」は口を横に大きく伸ばす、「う」は、口をすぼめる、「え」は、歯をむき出しに、「お」も、口をすぼめるように。

このような動作を、大げさに行います。毎日少しずつでも大丈夫です。

このように、毎日の生活を丁寧に送り、健康的な食生活維持やストレスを溜めすぎず、適度な運動を行うこと。

当たり前のようでいて、言うは易し行うは難しの行動です。

少しずつでもこの生活に近づけるように、頑張りたいものです。

出産後増えたシミをどうにかしたい!~私はこうしてシミ対策をしています~

出産後に、増えたシミにとにかく悩まされました。
もともと、ソバカスが多くてシミもおそらくできやすい体質だろうと思っていましたが、まさかここまで増えるとは思ってもみませんでした。

子どもを産む前は、内勤だったこともあって朝早く出勤、夜遅くに帰る毎日で太陽を浴びることがありませんでした。

ですから、日焼け止めを塗る程度でそれほど対策をしなくても大丈夫だったんですね。

ですが、子どもを産んでからというもの、毎日公園へ行ったり、さらに幼稚園に通うようになると一番紫外線のきつい日中外にいる機会が格段に増えたのです。

そのせいで、日焼け止めを塗っていてもどんどんシミが増えていくばかり…。まるで追いつかない状況です。

そしてこのままではだめだ、どうにかしてシミを減らしたい!と真剣に考えるようになりました。

まずは、紫外線対策の日焼け止めを見直してみました。SPFはもちろん高いものに変えます。

そして、帽子にサングラス、日傘は当たり前です。

ただ、難点は自転車に乗ることが多かったので、万全ではありません。

そこで、UVカットマスクを着用するようなりました。

真夏は確かに暑いのですが、薄手のものを選んでなるべく外にいる時はつけるよう心掛けました。

出会う人には必ず「風邪?」と聞かれることもしばしばでしたが、これ以上シミを増やしたくないという気持ちで頑張りました。

いつしか自分の体の一部のように大活躍してくれたのがこのUVカットマスクです。

また、シミサプリを飲む事もシミ対策には非常に有効な手段です。特に、ロスミンローヤルについては専門家からの表かも高いのが特徴です。シミサプリの専門サイトでもその効果はこのように紹介されています。

その最大の特徴はなんといっても「国内唯一、小ジワにも効く」医薬品だということでしょう。

シミが気になる年齢なら小ジワも気になることが多いはずです。

そして9種類の生薬、22種類の有効成分というのもとってもリッチですね。

これらの成分の働きで美肌だけでなく冷え性改善、肩こり改善、のぼせやめまいにも効果が出るのです。これ一つで様々な悩みが改善されます。

最初にシミサプリを飲むなら絶対にロスミンローヤルが間違いありません!

出典元:おすすめの人気シミサプリメントランキング

 

このように、シミサプリメントは非常に人気がありますし、効果も間違いありません。

まず、対策をするといったらロスミンローヤルをはじめシミサプリメントの服用です。

夏だけでなく、春や秋にもつけるようにしています。

ちなみにこのマスクは、何度でも洗えるので一度購入したら、しばらく使えて費用もあまりかからないからおススメです。

基本的な日焼け対策に合わせて、化粧品もシミを防ぐそしてシミを薄くするものを選んで使用していました。

全てシミ対策の化粧品にしたいところですが、30代も後半でハリも気になります。

ですから私の場合は、基本ハリ対策のオールインワンジェルを使用して、最後にシミを防ぐ美容液を塗るようにしています。

また、スポット使いできるものをネットで調べて、試供品を試すなど自分に合ったシミを薄くする化粧品も使っています。

すぐに効果は現れませんが、3カ月も使い続けていると少しシミが薄くなってきたので現在も継続しています。

現在、思うことはもっと早く徹底してUVケアや化粧品を見直せば良かったなということです。

でも、いつから始めても遅すぎるということはないので、気づいた時から無理なくできる範囲で対策することが一番です。

そして、美は一日にして成らず…私も継続してシミ対策を続けていきたいと思います。

シミサプリを飲んでシミ対策を成功させましょう♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です